低年齢層のスマホ所持

スマホももはや一人一台の時代に突入し、老若男女を問わず広く使われています。老若男女と言いましたが、このうちの「若」には小学生のような低年齢も含まれており、実際街中では小さな子供がスマホを片手に何やら捜査している光景に何とも言えない違和感を感じてしまいます。
続きを読む

妖怪メダルは買取に出すのに

母は妖怪ウォッチパンのシールを集めるのが最近はまっています。母は元々何か集めるのが好きなので、こんなことはしょっちゅうです。でも買う時はまとめてたくさん買って来ます。

行っているスーパーは、次の日の賞味期限のパンは5時過ぎごろから30円くらい値引きして安売りするので、その時に母は買って来ます。
続きを読む

スマホは便利だけども

今では当たり前の様にスマホを持つ様になってしまいました。本当はガラケーを使い続けるつもりでしたが、色々と利便性を考えていたらスマホの方が何かと便利という事で、メカに疎い私でさえもスマホを愛用する様になってしまいました。

続きを読む

ガラケーの時代が再び

現在の携帯電話と言えば、スマートフォンとガラケーに分類する事が出来ます。

従来は、スマートフォンを利用する人口が増えている傾向にありましたので、携帯電話と言えばスマートフォンでした。しかし、ガラケーの売上が再び増加している傾向にある現在では、再びガラケーの時代が来る可能性があると予測出来ます。 続きを読む

参考になる物が一杯ある時代

昔、パラパラ漫画と言えば教科書やノートの隅に落書きして

個人的にその出来にニヨニヨしながら眺め、自己満足に浸るための物でした。

しかし現在、従来は個人的な暇つぶしにしかならなかったしょーもない趣味も

ネットの発達により、その成果などを発表し共有可能時代となりました。

パラパラ漫画もその一つと言えるでしょう。 続きを読む

パラパラ漫画からアニメーションが出来たと言えます

学校の授業中に暇を持て余したことがある人なら、した事がある人が多いと思います。

それがパラパラ漫画です。

ノートの隅っこに簡単な絵を描き、一ページごとに少しずつ変化した絵を描いて、それをパラパラと早くめくる事で、動きのある絵に見えるものです。

これは人間の目の残像現象を利用したもので、簡単でありながら結構楽しいものなのです。 続きを読む

パラパラ漫画が上達してきた

ちょっと前からパラパラ漫画を本格的に書いているんですが、最近になってやっと上達してきたような感じがあります。
以前は、絵が繋がらなかったり、スムーズに絵が動かすことができなかったりしていたんですが、そのようなことがかなりなくなってきたのを実感しています。 続きを読む

パラパラ漫画の練習

パラパラ漫画を上手に書くためには、練習する必要があります。
どんな練習方法をするかによって、1ヶ月後の自分の上達具合は変わっていきます。
効率良く練習する必要があることを理解する必要があります。 続きを読む

パラパラ漫画を考える

パラパラ漫画を考えるときに、お笑い芸人の鉄拳を思い出します。
あの人は、パラパラ漫画の凄さが認められて、芸人になったというエピソードがありますが、最近ではディズニー映画のコマーシャルも手がけています。
恐らく日本で一番パラパラ漫画で成功した人間だと思います。 続きを読む